December 16, 2019

12月

Copyright © Waki Hamatsu Photography. All Rights Reserved.

更新、ひさしぶり。

ここ数ヶ月、いろいろなことが起こった。
未だかつて経験したことのないことばかりだった。
夫が病にかかり、入院したのだ。
といいつつも、手術直前までは
本人も「絶好調」というくらい絶好調だったものだから
術後のあまりの辛そうな様子にこちらは心配でしょうがなかった。
やっと、少し回復の兆しがみえたことでこうやって文字に書ける。

これからしばらくはこの病と戦わなくてはいけないだろうけど
ひとまず、手術が無事終わり、少しホッとした。
今日はラーメン雑誌をみながらニヤニヤしてたし。 安心。

もう一つは
一番下の妹が結婚した。
我が家は四人姉妹なので
今回嫁に行くのは三人目。
いろいろ前情報があるのは少し羨ましい。
平成生まれの彼女たちがどんな夫婦生活を築いていくのか楽しみだ。
今回、妹の式に行くのは初めて。
というより、うちは従兄弟もいないから、親族の結婚式は小学生の時以来。
こんな機会滅多にないのに、父も母も最初は行かないといいはり、
(結局母はきた)相変わらず自由な家だ。
同僚同士で結婚した彼女たちの式はやはり同い年の子が多く、みんな静か。
はじめっから飲みまくっていた姉&兄(妹の旦那)&姪っ子達のテーブルは
絶好調で幕開け。思いっきり騒ぎまくってそのまま自分たちで二次会へ。
翌日、少し反省しつつも、すっかり楽しい思い出になった。

さて、もう一つの出来事はというと。
ロケ先で初めてアシスタントさんを雇って仕事をした。
人に物事を言葉で伝えるのが うまくない自分は
(これは水泳インストラクター時代に痛いほど感じだことだ)
いつも撮影はけっこう大変な時でも一人。
スタジオではアシスタントさんについてもらうこともあるけど
ロケでわざわざ、というのは今までさけてきた。
今回、クライアントさんが海外だったこともあり
そんなことも言っていられないのでお願いしてみた。

これは何か、自分自身少し成長した気がしている。
フリーランスの人にはわかってもらえるだろうか。
この微々たる進歩が意外と自分にとってはけっこうな成長だったりする。

そんなこんなで
慌ただしく12月が過ぎていこうとしている。


October 18, 2019

頭の中の整え方

Copyright © Waki Hamatsu Photography. All Rights Reserved.

もう10月も半ば。
最近blogが全然続いていない。
思えば、このblogは自分自身のぼやきを書く場であって
この場でぐちゃぐちゃな頭の中を整理していたのかもしれない。
更新が滞っている今、頭の中はかなりぐちゃぐちゃ。
日々ぐらぐらだ。

ところで、今年の夏休み、
友人ナタリー宅がえらくかっこよくて
そのお家を見てからというもの、
家改造にめちゃくちゃハマっている。
帰国してからは仕事が忙しいはずなのに
いきなり夜中に棚を移動したりだとか
部屋の植物をとっかえひっかえしたりだとか。
一昨日の夜、なぜかいきなり家じゅうの改造を思いつき
家の中にある棚をすべて移動。
帰ってきた夫に「笑 すごいね」
といわれるほど、半強制的に模様替えをした。

さて、その翌日からえらく頭がすっきり。
たぶん家の整い加減と、自分の気持ちを文章にすることで
いろいろなことがちょうどよく収まっているのかもしれない。
30代半ばにもなり今だに自分のわからないことだらけだ。

明日は久々に撮影がない。
友人であり仕事仲間のみーちゃんと
今後の楽しいプロジェクトの打ち合わせを
スーパー銭湯ですることにした。
そのことが決まってからものすごく楽しみでしょうがない。
マッサージしながらでもサウナしながらでも打ち合わせはできる。
あー楽しみ。

August 13, 2019

お盆

Copyright © Waki Hamatsu Photography. All Rights Reserved.

世の中はいつのまにか夏休みだ。
今年のお盆は会社勤めの人には長いらしく
日々みんなのインスタを見ていると
世のはしゃぎっぷりが伝わってくる。
年末くらいにも感じたけど
そんな感じの雰囲気は嫌いじゃなくて
たとえ仕事ではあってもあまりイライラせず微笑ましく見守れる。

自分はというと半分仕事、半分休み、というかんじで
とにかく来週からの夏休みに向けて
諸々、自宅作業の日々だ。
明日は海で撮影。
ロケハンもバッチリ快晴で迎えたはずが
どうもここ最近の天気予報がパッとしない。
なのに今日まではとりあえず晴れた。
早朝ロケとあって全く読めないけど
天気ばっかりは祈るのみだ。



August 09, 2019

大人

Copyright © Waki Hamatsu Photography. All Rights Reserved.

いつの間にかけっこう大人な年齢になっていた。
気づいたら仕事仲間は年下ばかり。
お子さん何人ですか?と聞かれるのは日常茶飯事。
そうよねー、自分の親が36歳だった頃けっこう記憶にあるし。
たぶん小学生高学年だった気がする。
その頃は36歳なんて超大人だと思ってたけど現実は。。
小学生と普通に友達会話できるようにあんまり変わってはいない。

最近唯一大人になったなと感じたことはといえば。
いわゆる「大人買い」なのだけど、
好みの服を色違いで買ったり同じ服を2着同時になったりができるようになった。
こんなこと、昔はできなかったな。
子供の頃に自販機でお茶を買う人に疑問を感じていたのと同じで
(親が何か買ってくれるのに家で飲めるお茶を買うなんて、と思っていた)
昔は意味がわからなかった。
というよりつい最近まで意味がわからなかった。

これができるようになったのは単純に
自分の好きな物がようやくわかってきたらしい、ということだ。
小さい頃から好みははっきりしているほうだと思っていたけど
思い返せばけっこうブレブレだった気もしている。
それに同色買いの方があきらかに効率的。

よく友人から言われる「その服、Wakiだよね」というのが
ようやく自分でわかってきたのか。
遅い。けどよかった。






July 21, 2019

缶チューハイ

Copyright © Waki Hamatsu Photography. All Rights Reserved.

西荻で友人と食事をした後、
どこか飲み足りず、スーパーで本絞りを買って帰ってきた。
今日の中華は絶品だった。
さすが桃子さんのオススメのお店だ。
最近はお店選びを桃子さんに頼りっきり。
今日も食べ過ぎた。

帰り道本絞りを飲みながら
なんかいつもとちがう、と思う。
思いをたどると、
歩き酒もいいけどやっぱり家でグラスに入れて飲みたい、と初めて気づいた。
自分は缶派ではなくグラス派だった。

実は今年か去年か、omotoの康人さんがお酒を飲みながら
「このお猪口が一番口触りがいいんだよ。やっぱり一番おいしく飲める」といっていたところからこの疑問は始まった。
それまで案の定お猪口はパッとみ、柄、直感で選んでいたのだけど
口触りで選ぶ物なのか、と当たり前のようで気づかなかった部分に妙に憧れてしまい
実はそれからずっとグラスと飲み物の相性が気になっていた。
ワイングラスとかって一番わかりやすく飲み物との相性を考えそうなのだけど、
(いや、自分は普通のしか使ってないんけど)お猪口は盲点だった。
そうか、缶チューハイもそうだったんだ。
なんで今まで気づかなかったのか。。

もう30代中盤なのに今だにこんなことに毎日驚いていたら
なんだか文章を書くのが恥ずかしくなってしまいすっかりblogと遠ざかってしまった。

さて、缶チューハイを飲みながらふと思った。
でもこれ、後数十年したら缶から歩きチューハイとか懐かしくなって
缶からの味が美味しくなっちゃったりするのかもな。
あぁ、あの頃の懐かしい味、みたいに。
なっててほしい。。